Yoga -advanced pose-

gamzatti
Vote 0 Votes

明けましておめでとうございます。

ステイホームお正月で暇なので、新年早々、ヨガをやってみました。

ヨガも実に様々なポーズ(アーサナ)があるのですが、私が個人的に好きな(美しいと思う)アーサナを幾つか紹介したいと思います。

どこのヨガ教室に行っても習うようなベーシックなアーサナもあれば、それらを少し発展(アレンジ)したようなアーサナも実はたくさんあります。

慣れてきたら、自分がやりやすい、気持ちいい、見た目が綺麗などと思うように、少しアーサナをアレンジしてみても楽しいと思います。

(時々先生によっては型破りなポーズをすると、注意されることもありますが笑)

左:三角のポーズ(トリコナアーサナ)の変形版です。通常の三角のポーズでは、前足の方に倒れますが、こちらのアーサナでは後方に反ります。内臓が活性化しますよ。

中:いわゆる前後開脚と呼ばれるポーズで、ヨガでは"ハヌマーン"と呼ばれます。柔軟性さえあればできるので、実はあまり難しくないですし、筋肉も使わないです。

下:半月のポーズ(アルダチャンドラアサナ)と呼ばれ、通常は後ろの脚は90度くらいまでしか上げないですが、私はこのように高く上げた方が綺麗だなと個人的に思います。やってみるとわかりますが、上よりも下の足の裏側に効きます。

reverse.JPGzengo.jpghangetu.jpg

左・中:片足を上げたサイドプランクのポーズ(エーカパーダヴァシシュターサナ)と呼ばれて、横向きのプランクから片足をアップします。足を持つのが難しければ、少し上げるだけでも効果があります。

下:スタンディングスプリット(ウルドヴァプラサリータエーカパーダーサナ)と呼ばれ、立った状態の前後開脚です。(私もまだ綺麗に180度になってないので、今後の目標ですw)

side1.jpgside2.jpgstand.jpg

上:弓のポーズ(ダヌーラーサナ)と呼ばれ、背筋強化&腰痛防止に効きます。

中:片足のブリッジなのですが、アーサナとしての名前がわかりませんでした。ブリッジもいきなりやると腰を痛めてしまうことがあるので、先ずはハーフブリッジなどからやるのがおすすめです。

下:鳩の王様のポーズ(エーカ・パーダ・ラジャ・カポタ・アーサナ)と呼ばれるポーズで、背中、腰の柔軟性と、肩周りの柔軟性が必要です。鳩のポーズにもベーシックなものから色んなバリエーションがあり、その一番発展系とされているのがこのポーズです。これが出来るようになるまでは、それなりに時間がかかりました。

yurikago.JPGbridge.jpghato.jpg

年齢に負けずに、いつまでもしなやかな身体をキープしたいものです^^

No TrackBacks

TrackBack URL: http://www.reverse-edge.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/127

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by gamzatti published on January 2, 2021 2:36 AM.

Yoga -アームバランスバリエーション- was the previous entry in this blog.

Salesforceのセキュリティ問題 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.