yoga blog -逆転その2-

gamzatti
Vote 0 Votes

yoga blog -逆転-では、逆転のポーズについて紹介しましたが、今回はそれを発展させた三点倒立について書きたいと思います。

以前も書いた様に、逆立ちには身体に良いことが盛りだくさんです。運動不足になりがちなリモートワークの合間にもオススメです。

逆立ちダイエットというのもあるのだそうです。

1)体幹の強化:バランスを保って脚を持ち上げる時に、見た目以上に体幹を使いますので、とっても良い体幹(コア)トレーニングになります

2)血行の促進とムクミの改善、コリの改善:末端の血液を心臓に戻すことができるので、ムクミやコリの解消にもなります

3)胃腸の活性化と便秘の改善:やってみると分かるのですが、逆立ちした途端に、胃腸がグルグル動き出します。

4)内臓の位置の調整:下に下がってしまった内臓を正常な位置に戻す効果もあるそうです

5)姿勢の改善:逆立ちは身体(特に体幹)が真っ直ぐになっていないとできませんので、姿勢を改善する効果もあると思います

体育でやる様な一番ノーマルな逆立ちは壁や広いスペースが要りますので、お家でやるには向かないかと思います。

そこでオススメは三点倒立です。限られたスペースで壁も不要、失敗しても怪我が少ないです。

三点倒立のやり方は色々ある様ですが、私は、3分で分かる三点倒立の"正しい"やり方のページが一番分かり易かったです。

他に、肘をついて頭の上で手を組むやり方などもあるので、何パターンかトライしてみて、やりやすい方法を見つけるのが一番かなと思います。

1)先ず、手と頭の位置を調整します。私は一度、鶴のポーズから頭を地面に付いた時の位置が一番安定します。

toritu-0.png

2)その後、手と頭に体重を乗せ、少しづつ脚を上げていきます。

この時のポイントは、脇を締めて手で床を押すこと、お尻をなるべく高い位置に持っていくこと、顎を引くこと、お腹の力を使うことです。

脚を蹴り上げるとバランスが崩れていまいますので、ゆっくり、呼吸しながら少しずつ上げるとうまくいくと思います。

toritu-1.png

3)太ももが床と平行くらいまで上がったら、ここからバランスが崩れやすくなるので、一旦一息置いてバランスを調整します。

toritu5.png

4)先ず、太ももを立ててから、ゆっくりと膝を伸ばします。膝を伸ばすところが、一番バランスをとるのが難しいかもしれません。

toritu-10.png

私もまだ脚が少し傾いてしまっていて、完全に綺麗な形にはなっていません。本来であれば、一直線が理想ですね。頑張ります^^;

子供の時は簡単に出来た気がするのですが、大人になると身体が重いこと。。。

2)3)の状態でキープしても十分な効果があると思いますので、是非やってみてください!

No TrackBacks

TrackBack URL: http://www.reverse-edge.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/104

Leave a comment

About this Entry

This page contains a single entry by gamzatti published on April 29, 2020 12:23 AM.

気持ちを切り替える方法 was the previous entry in this blog.

長いお休みの前 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.